アンククロス fan!小悪魔agehaモデルコラボの美容室シャンプーが半額

menuMENU 公認ネットショップSHOP

エアリーシャンプー・キュートラクシュミー(ジャスミンの花とカシスの香りシャンプー)イメージ

ジャスミンジャスミンの香りイメージ

カシスカシスの香りイメージ

アンクオリジナルシャンプーエアリーシャンプー・キュートラクシュミー

美容室「アンク・クロス」各店 または ネットショップで購入可能

通販で買えるアンクオリジナルシャンプー「エアリーシャンプー・キュートラクシュミー」は、ジャスミンの甘く優しい花の香りと、カシス(別名ブラックカラント)が優しく香るフルーティーフローラルの「ふんわり、さらさら」な仕上がりを重視して配合されたさらさらタイプのサロンシャンプーです。「エアリーシャンプー・キュートラクシュミー」の香りは、「アンクオリジナルシャンプー・ラクシュミー」で小悪魔agehaモデルのおりもあいちゃんがプロデュースした話題の香りです。
アンクオリジナルトリートメント500mlボトル「エアリートリートメント・キュートラクシュミー」は、こちら。
アンクオリジナルシャンプー500ml詰め替えパック「エアリーシャンプー・キュートラクシュミー」は、こちら。
アンクオリジナルトリートメント500ml詰め替えパック「エアリートリートメント・キュートラクシュミー」は、こちら。

美容院アンククロスのスタイリストが開発した大ヒットサロンシャンプー「アンクオリジナルシャンプー」シリーズに、サラサラ派にピッタリのシャンプー&トリートメント「エアリー」が登場しました。文字どおり「エアリー」な仕上がりで、「美容院帰りのサラサラ髪」が自宅で作れるシャンプー&トリートメント、それが「エアリー」です。

「さらさら」と「しっとり」の違いは?

市販のシャンプーでもよく見かける「さらさら」タイプと「しっとり」タイプ。みなさんはどう使い分けていますか? 一般的に「しっとり」タイプはくせ毛で拡がりやすい方や、毛量が多いので「しっとり」させて落ち着かせたい方向け。「さらさら」タイプは髪が細い方、毛量が少なめでヘタりやすい方向け、などと考えられているようです。また、個人的な好みで「しっとり」の方が手触りが好きだから、「さらさら」の方が好きだから、という理由で選ばれる方もいらっしゃるようです。

さらさらタイプって乾燥しそう?

「しっとり」タイプのシャンプー・トリートメント製品と「さらさら」タイプのシャンプー・トリートメント製品の成分的な違いは、メーカーや製品にもよりますが、髪の毛を落ち着けるための保湿成分の量で仕上がりを調整していることがあるようです。このため、「さらさらタイプは乾燥しそうな気がするから、いつも保湿成分が多そうな『しっとり』を選ぶ……」という方もいるようです。では、アンクオリジナルシャンプーはどうなのでしょうか?

意外?「アンクオリジナルシャンプー」実はさらさらタイプ

年間販売本数10万本を超えるスーパーヒットサロンシャンプー「アンクオリジナルシャンプー」は元々、どちらかというと「さらさらタイプ」の仕上がりなんです。贅沢成分高配合の高級シャンプーで、トリートメントしなくてもきしんだりしないでふわっと洗いあがるので、シャンプーのみでもきしまない軽い洗い上がりを楽しみたい方や、幅広い髪質・ダメージ状態の方が、自分の髪と好みに合わせて、保湿成分にこだわった「トリートメントrich」や、さらに上を行く「トリートメントEXrich」を組み合わせることで、猫っ毛の方でも剛毛の方でも、もちろん男性の方も、サラサラ派・しっとり派のどちらでも好みの香りを自由に選べて、かつ理想の髪に近づいて行けるシリーズ構成になっていました。

「アンクオリジナルシャンプー・エアリー」は美容院が本物の「サラサラ髪」を追求して誕生した商品

実はさらさらタイプだった「アンクオリジナルシャンプー」。ところが「もっとサラサラ・ふわふわ・キラキラヘアになりたい!」というお客様のご要望に応えて、アンクオリジナルシャンプー「エアリー」が登場しました。今までのアンクオリジナルシャンプーとどう違うかというと、「シャンプーには重くならないタイプの保湿成分をたっぷり配合して、サラサラ感をしっかりキープ」「トリートメントもサラサラ重視の配合」ということです。「仕上がりが軽い=保湿成分少なめ」ではなく、「サラサラ保湿成分たっぷりなのに、仕上がりが軽く、美髪効果抜群!」ということですね。美容院帰りの髪を思い出してみてください。モッタリしてないのに、スルッとまとまって、サラサラ・ツヤツヤ・ふわっふわで、気分がアガりますよね。あの美容院帰りのサラサラ髪を、自宅で作れるとしたら……!

たっぷり保湿してサラサラ髪になれるの?

強いくせ毛で拡がるのがこわくて、シャンプーはもちろんしっとり系……。スタイリング剤もしっとり系をたっぷり……。でも本当はサラサラ&すとん!とした流れる水のような手触りの髪、子供のような痛みを知らない美しい髪に憧れている方こそ、ぜひ一度「エアリー」を試してみることをおすすめします。猫っ毛だから、乾燥は気になるけど、普段からサラサラタイプを使っているよ……、という方も、さらさら効果重視の高級シャンプーで、本当のさらさら髪を体験してみてください。気に入ったらもちろん、フルボトルと同量の割安な詰替パックもありますよ!

エアリーの綴りはairy

なお、ネットショップではカタカナで「エアリー」ではなく「airy」の表記になっているので、やや、見落としやすいかもしれません。記者はエアリー発売の話を聞いてサイトに飛んでいったのですが、しばらく見つけられなくてショップ内をぐるぐるしてしまいました……。「探しに行ってみたけどないよ~~~~><」という方は、あきらめないでページ内検索やサイト内検索などで探してみてくださいね。

香りはエアリーオリジナルを含む3種類

「アンクオリジナルシャンプー・エアリー」は、超さらさら重視の配合となっていることはご説明しました。「でも、機能重視のシャンプーって、香りが選べなかったりするでしょ?」……そう思った鋭いあなた。「エアリー」では、アンクオリジナルシャンプーで人気の2つの香り「プルメリアミルク(南国の花プルメリアとバニラの甘い香り)」「チェリーツインズ(桜の花とバニラのキュートな香り)」が選べるんです。「やっぱり選択肢が減ってる……」と思ったあなた。さらにアンクオリジナルシャンプーで小悪魔agehaのおりもあいちゃんがプロデュースした人気の香り「ラクシュミー(ジャスミンとカシスのセクシーな香り)」をさらにやわらかくした「エアリー」オリジナルの香り「キュートラクシュミー」の全3種類の香りが選べるんです。しっとり系がまだまだ主流と言える時代に、敢えて「本物の」さらさらヘアをホームケアで実現する機能重視のサロンシャンプーを発売するだけでなく、オリジナルの香り1種類をふくむ3種類もの香りを選べる「エアリー」。ぜひ一度お試しいただくことをおすすめします。なお、「プルメリアミルク」「チェリーツインズ」「キュートラクシュミー」いずれも、エアリーな質感にふさわしい、ふんわりとした優しい香りだちですので、女性はもちろん、整髪料でかためず、ふんわりさせたい男性にもおすすめです。すでに「ラクシュミー」を試して、「好きな香りだけど、ちょっと大人っぽいかな??」と思われた方はぜひ「キュートラクシュミー」をお試しください。

「キュートラクシュミー」の香りってどんな香り?

「キュートラクシュミー」の香りは、毎年初夏の頃に咲いて夜道に素敵な香りを漂わせているジャスミンの花の香りと、果実のカシスの香りを合わせたアンクオリジナルシャンプー「ラクシュミー」の香りをさらにやわらかく可愛らしくした香りです。カシスは別名クロスグリまたはブラックカラントとも呼ばれるベリー系の果実で、甘く魅惑的な香りが人気で、お菓子やケーキやドリンク・カクテルなどに使われています。カシス・ウーロンやカシスオレンジなどで口にされた方もいらっしゃるかもしれませんね。ベリーなカシスと甘くエレガントなジャスミンでキュート・セクシー系の香りですが、「キュートラクシュミー」では、エアリーなイメージに合わせてさらにやわらかくしていますので、とっても使いやすくなっていると思います。かわいい香りがほしいけどセクシーすぎるのはちょっと……、という方にはぴったりです。もちろん従来の「ラクシュミー」が大好き! という方も、ぜひ使い比べてSNSなどに感想をシェアしてみてくださいね!

お店の在庫はその時の状況によるので、ご来店前にお電話でお問い合わせください。

アンクオリジナル「エアリーシャンプー」3種類の香り
エアリーシャンプー・キュートラクシュミー(ジャスミン&カシスをやわらかくしたかわいい香り / さらさらサロンシャンプー)
エアリーシャンプー・チェリーツインズ(桜の花&バニラの香り / さらさらサロンシャンプー)
エアリーシャンプー・プルメリアミルク(プルメリア&バニラの香り / さらさらサロンシャンプー)

アンクオリジナル「エアリーシャンプー」保湿成分・リペア成分ご紹介

アンクオリジナルシャンプー「エアリー(airy)」には、さまざまな自然素材由来の保湿成分やリペア成分が配合されています。毎日のシャンプーによって、皮脂汚れなどを洗い流し、洗浄の過程で失われたうるおいなどを上質な保湿成分で補い、さらにリペア成分で閉じ込めます。また、シャンプーすることで地肌や毛根周辺の血行がよくなりますので、新陳代謝がアップして、芯から美しい髪へと近づきます。美しい髪の維持にはもちろん食事や適度な運動もおすすめですが、併せて品質のよいケア製品を選びましょう。

ホホバオイル
砂漠出身のホホバの樹の種子から抽出されるホホバオイルは、間違いない保湿力の高さで大人気。TVやネットなどでその名前だけは知らないうちに耳にしている方も多いと思います。そんなホホバオイルは人の皮脂に近い構成でお肌や髪との相性がよく、ホホバオイルはサラッとした軽い使い心地で、オイルと言っても重たくならずエアリーにまとめることができます。さらに「酸化しにくい」という特徴を持っているため、ホホバオイルを使うことによって、防腐剤の使用を控えることができます。サラサラヘアにピッタリのオイルなんです。
アルガンオイル
アルガンの樹の種子から採れる非常に希少価値の高い「アルガンオイル」。アルガンの樹があるモロッコでは、古くから化粧品はもちろん、食用油としても愛用されてきました。アルガンオイルは、食べられるくらい安全な油脂なんですね。アルガンオイルはヘアオイルとしての使用もおすすめで、タオルドライした後ドライヤーの前に数滴なじませるだけで、パサツキやダメージを抑えられます。アルガンオイルもさらりとした軽いテクスチャで、少量でも髪に潤いを与え、サラサラヘアに欠かせない潤い・ツヤ・コシといったコンディションを整えます。アルガンオイルを配合することで、「カサカサヘア」ではなく、「どっしりヘア」でもなく、キラキラの「サラサラヘア」にしていくことができるんですね。
リンゴ酸
リンゴから見つかったリンゴ酸。疲労回復にも効果があるとして有名なリンゴ酸は、アルカリ性に傾いた髪を酸性に戻す、いわゆる「リンス」の役割を果たします。髪がアルカリ性に傾いたままだと、髪の毛の中の成分がだんだんと流出して、傷んでしまいます。髪と頭皮にたまった老廃物や汚れを落とすのに必要な洗浄成分などによって髪はいったんアルカリ性に傾きますが、その後かならず、リンゴ酸などで中和して酸性の状態に落ち着けていくことが、サラサラ髪のためにも大切なんです。